このサイトでは、これから不動産売却をしたいと考えている方達が多く悩む不動産の売却に関する不安や悩みを紹介し、詳しく疑問にお答えしています。
長年使っていない家に税金を払い続けるよりは、家を売りたいと考えてる方や古い家の買い替えを検討している人など様々な人が感じる疑問点や悩みは、事前に解決しておけばスムーズに不動産の売却が進められるようになります。
正しい知識を理解しておくと、初めての不動産の売却における失敗を減らすことが出来ます。

不動産売却のよくある不安や悩みを紹介します

不動産売却のよくある不安や悩みを紹介します 不動産売却に不安を感じている方で多いといわれている質問の一つが、「見積もりをだしてもらうために、何社に依頼をするべきか」という疑問です。
基本的に査定を依頼する際には、各不動産会社の得意分野をしっかり知るためにも、平均で3~6社に問い合わせします。
たくさんの会社に見積もりを出してもらうと、どの会社と連絡をとっていたのか自分でも把握できなくなってしまう恐れがあります。
他には「不動産会社と結ぶ仲介契約の違いが分からない」という不動産売却の疑問です。
仲介契約には専任媒介契約と、専属専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があり、専任タイプは契約会社が1社で、3ヶ月を上限とし募集の全てを託す必要があります。
専属専任タイプは契約会社が1社で、買主を見つけた場合でも必ずその会社を仲介に入れないと買えません。
一般タイプは、複数社と契約が可能で、広く買主を募集出来る反面、報告義務がありません。

不動産売却の不安を解消するためにはどうすればいいのか

不動産売却の不安を解消するためにはどうすればいいのか 土地や建物などの不動産売却には不安が伴います。
何もわからないという人も多いでしょう。
まず売却予定の土地や建物の相場を知ることが必要です。
売却したい不動産の近くの物件がいくらで売り出されているかを見れば大体の相場がわかります。
それからいくつかの不動産会社に査定を依頼して、価格や対応などを考慮しどこに頼むか決めます。
1つの不動産会社でもいいし、複数に頼むこともできます。
不動産会社と不動産売却についての媒介契約を結ぶことになりますが、媒介契約には3種類あります。
専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約です。
専属専任媒介契約は不動産会社1社だけと契約し、その不動産会社が探した相手としか取引できません。
専任媒介契約も不動産会社1社としか契約できませんが、自分で取引相手を見つけて契約することができます。
一般媒介契約は複数の不動産会社と契約することができ、自分で見つけた取引相手と契約できます。
契約した不動産会社では広告活動を始めます。
相手が見つからないときは価格を下げた方がいいなどのアドバイスももらえますし、相手が見つかれば売買契約をすることになります。
自分だけで考えると不動産売却は難しいと感じますが、不動産会社に依頼すればすべての流れをわかっているので引き渡しまで任せられます。
信頼できる不動産会社ならわからないことも細かく説明してくれて、不安も少なくできるでしょう。

不動産売却をしたいときは媒介契約をしておこう

一般的に、不動産売却を行うときには直接的に買主と売主が交渉を行うことがありません。
例えば、広告などを見たときにそれを売りに出している人がいたとしても、それは広告や宣伝を代理で行っている会社などが行っているにすぎません。
不動産を所有している人は、こういった代行的に不動産の手続きを行ってくれる会社に相談をして、そこから取引を行うようになっています。
こういったときに利用するものが、媒介契約です。
媒介契約を締結しておくと、広告や宣伝はもちろん、取引を行っていく時の交渉もしてもらえます。
費用として諸々の経費を支出するときも、不動産売却のときに生じた利益の数%を手渡しておけば問題ありません。
成果報酬で請求されることがほとんどであるため、気にすることなく相談できるメリットが存在します。
また、不動産売却のときには買い手を探すために活動をしなくてはいけませんが、こういったことも代わりに行ってもらえますのでとても便利です。

不動産売却をする際には店舗に行って契約を結ぶことになる

親が所有していた土地や建物などの不動産を相続により取得するケースがよくありますが、取得した土地や建物を利用する機会がないと税金だけがかかってしまい効率がとても悪いです。
所有していても得になることはなにもなく逆に経済的な負担がかかってしまっては元も子もないので何とかする必要がありますが、その場合に行うこととして不動産売却を挙げることができます。
最近では不動産売却を行っている会社が沢山あり中にはインターネットで売却価格を査定してもらえるので大変便利ですが、最終的には店舗に行ってスタッフの話をよく聞いた上で売却するのが一般的です。
売却価格に納得できなければ売ることはできないのでこの点は注意が必要ですが、この道に詳しい人が丁寧に説明してくれるのでそれほど心配することなく円滑に事を進めることができます。
このように相続等により取得した不動産を売却するケースがよくありますが、丁寧に相談に乗ってくれる会社は沢山あるのでどこに頼めば良いかよく考えた上で利用するところを決めるようにした方が良いです。

不動産売却をして土地をうまく活用するには

不動産を所有している場合には、不動産売却を視野に入れた方が良いこともあります。例えば、親からもらった不動産を引き継いでそのまま空き家にしておく場合には無駄に固定資産税を支払うことになりかねません。このような場合には、不動産売却をすることでこれを人に活用してもらったほうが良いと言えるでしょう。
不動産売却をする場合には、専門の業者に依頼することが必要になります。この時には、3つの契約方法があることを知っておくと良いかもしれません。一般契約と呼ばれるものは、いくつかの不動産会社と掛け持ちをして良いものです。これに対して、専属専任媒介契約と専任媒介契約は特定の不動産会社との契約に縛られます。うまく活用することと同時に不動産会社を利用すれば、自分たちにも利益になる可能性があることを考えておくと良いかもしれません。
ちなみに、専属専任媒介契約と専任媒介契約の違いは、不動産会社以外に売主が見つかった場合その売主と契約をすることができるかどうかの違いです。

不動産売却の際にかかる税金について詳しく解説

高額で購入した不動産をどうしても手放さなくてはならなくなった際、実際に不動産売却でどれくらいの税金がかかってくるかは一つの重要なポイントになるでしょう。これまでに数多くの取引をこなしてきた方であれば全く問題ありませんが、初めて不動産売却を行う場合には知らないことの方が多いのは当然です。
結論から言わせてもらうと、不動産売却に対してかかる税金については、実際に売った金額に応じて変動が見られるのが知っておくと良いでしょう。また、売却することでかかる税の対象を詳しく紹介していくと、土地や建物を売却した際には印紙税・譲渡所得税・住民税の3つが必要になってきます。
売買契約時には「印紙税」支払うことが一般的であり、売却した後には確定申告をする際に発生する「譲渡所得税」が必要になってきます。そして、確定申告を行うことで今度は「住民税」が必要になってくるので、市区町村によって自動的に計算されて6月以降に課税の対象となります。

不動産売却についてもっと調べる

磐田市 不動産売却

新着情報

◎2021/1/27

不動産売却にかかる税金
の情報を更新しました。

◎2020/12/1

不動産売却と賃貸
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

築年数が経過した物件の売却
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「不動産 不安」
に関連するツイート
Twitter